So-net無料ブログ作成

★から騒ぎ [DVD]

シェークスピアの「から騒ぎ」

戦いから戻ってきたアルゴン大公ドン・ペドロ率いる一行は、
のどかな風景が広がるメシーナの領主レオナートたちに大歓声で迎えられる。
領主の一人娘ヒーローを好きになった、貴族のクローデイオの仲を
大公が取り持ち、二人は結婚することに。
気をよくした大公たちは、顔を合わせば喧嘩ばかりしている、
自称女嫌いの貴族べネデイックと、美人なのに男嫌いのレオナートの姪ベアトリスを
くっつけようと、お互いがほんとは好きなんだと吹き込むことに成功し、
二組のカップルが誕生。
が、兄のお気に入りのクローデイオを憎む、大公の義母弟ドン・ジョンは、
この結婚を阻もうとし、ヒーローをふしだらな女だと思わせる芝居をする。
まんまと騙されたクローデイオたちは、結婚式で彼女を罵倒する。
が、陰謀を企てたドン・ジョンの部下たちがいい気になって話しているのを
警らの男たちに見つかり。。


喜劇なので安心して笑って観られます。
シェークスピアって本で読むとそう面白くないんだけど
さすが戯曲、演技が入るとすご~い面白い。何しろセリフが多いしテンポも速いし、
独白場面が多くてそれがすごく可笑しい。
はまってしまう面白さです。

大公役はデンゼル・ワシントン、その義母弟役が、キアヌ・リーブスなんです。
ちょっと無理があるようですが。。なかなか役柄に合ってます。
ベアトリス・・エマ・トンプソン
ヒーロー・・ケイト・ベッキンセイル
道化?(マイケル・キートン)のしゃべり方も面白いです。

・・・・・☆

ケネス・ブラナー監督・製作・脚本・主演。

私は彼がハムレットを演じていたのを観てから、好きじゃないのですが
この役はすごくイメージに合っていて良かったです。
(ハムレットにはもっと痩せていて若い人でないと、似合わないと思ったんですよね。
彼の演技が、なんかナルチストな感じで。その年で「to be or not to be」
はないだろうとか^^)




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★ロミオとジュリエット 舞台版 [DVD]

蜷川幸雄演出
藤原竜也x鈴木杏主演の舞台作品をDVD化したものです。
舞台がなかなか見に行けない私にとって嬉しいDVD化でした。
藤原竜也のハムレットもDVD化されないかなあ・・
シェークスピアって古典で、戯曲だし、
セリフが大げさで、詩の朗読のようで、それが大まじめなので、
すごく面白い!


もちろん生の舞台じゃないので、
要所要所でクローズアップされるところがあったりしますが、
表情とか、舞台では見えにくいところも見えたりすることが・・あるよね。
汗びっしょりのところとか。
藤原竜也の演技はすごく良い!もう最高!
舞台見に行きたいよ~。

有名なお話なので、筋書きは書かないけど
何度見てもせつない。ああ、あと少し待っていれば・・と。。。
なんど見ても思う^^;
二人の出会いシーンがすごく若々しくて、初々しくて、
十代の初め頃の恋って、こんなに純粋でキラキラしてるんだなあ~
と、忘れかけていた明かりを灯してくれます。
14才でしょ。(ロミオは16才くらい?)
こんな若いのに、死んでしまうような恋をするって
変な感想だけど羨ましい。
バルコニーのシーンもひとことひとことが幸せにあふれていて
笑えるほどかわいらしすぎる。
結果が違っていればほんとに楽しいお話なのに。
この幸せな時間があるから、ラストの切なさが増すのよね。

親友マキューシオの演技も、楽しかった♪


★ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]


雑誌「ミレニアム」の発行責任者であり、
ジャーナリストのミカエル・グルムクヴィストは
経済界の大物ヴェンネルストレムの違反行為を暴く記事を
スクープしたはずが、それは罠だった。彼は名誉毀損で訴えられ、敗訴。
傷心の彼のもとに、ヴェンネルストレムのライバルでもある大実業家から、
調査依頼が舞い込む。
その調査とは、36年以上前に失踪した姪を捜すことだった。

当時、殺されたとされていた事件だったが、被害者が発見されないまま
叔父である大富豪の元経営者ヘンリック・ヴァンゲルが真実を探って欲しいと頼んできたのだ。
探偵ではないと乗り気でなかったミカエルだったが、自分が陥れられた事件について
ヘンリックがヴェンネルストレムの弱点を握っているという
言葉に動かされ、調査を引き受ける。
そこには恐ろしい事実が隠されていた。

・・・☆

著者が、男性とか女性とかいう枠にはめる性差別を批判しているからか、
作品では、女性が男性よりも、むしろ積極的で、行動力も、知恵もあり、
判断基準に見た目や性の違い、職業的地位は関係しないと、強く表現されています。

原作「ミレニアム」が、あまりにも面白かったので
(展開が早くて飽きさせないし、特に3巻目ラストのすがすがしさに喝采!)

レンタル開始を楽しみにしていました。
概ね、原作に忠実ですが、映像化すると何とも過激で、
少しとばしました。いつもは画面を明るくしてみるのですが、
暗いままで^^;
ダニエル・クレイグが出てるせいか、007な雰囲気も^^しますが。

ミカエルを演じるダニエル・クレイグが3部作への出演を契約したそうなので、
3部作とも映画化されるのですね!楽しみ。
2部から3部へは繋がっているので、2部を見たあと3部公開まで
かなり
やきもきさせられることでしょうね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★ニーベルングの指輪 [DVD]


呪われた指輪に魅了された人々の悲劇を描く、壮大なドラマです。

国を壊され,追っ手からひとり逃れた幼い王子ジークフリートは
人の良い刀鍛冶のエイヴィンに匿われ、彼の子として成長する。
ある日、隕石の導きで、アイスランドの女王ブリュンヒルデと出会い
彼女との戦いに勝ち、「私に勝ったのはあなただけだ。」という彼女と
永遠の愛を約束し、必ず迎えに行くと約束をして別れる。

国王グンターにエイヴィンの剣を献上に行く際、
グンターの妹クリームヒルトに見染められる。
が、彼は、ブリュンヒルデとの約束があると話し、彼女を相手にしない。

その後、国に災いをもたらしていたドラゴン退治に行った彼は、
かの隕石を用い、自ら鍛えあげたた剣でドラゴンを倒し、
その血をあびて不死身になる。葉がはり付いた肩の一部をを除いて。

ドラゴンの守っていた黄金を手にした彼はそこにひとつの指輪を見つける。
この指輪を持つ物がこの黄金を持つ者となり、そして、その指輪は死せる魂に
呪われていた。

他国との争いの中で自分の身分が一国の王子であると思い出し、
身分の違いで恐れていた女王ブリュンヒルデに求婚する自信がついた彼は
この黄金を持って、ブリュンヒルデを迎えに行こうとするが・・・

黄金を手にしたいグンター国王と腹心の部下、ハーゲンは
ジークフリートに恋するクリームヒルトに、彼に飲ませる媚薬を渡す。

さて、グンター王はブリュンヒルデとの結婚を望んでいたが、彼女は
自分と戦い、勝利したものに嫁ぐと言う、彼女には神の力が宿り
容易に勝てないと知っている王は、ジークフリートに『変身できる仮面』をつけて
王になりきり、代わりに戦うよう頼む。

媚薬の力で、ブリュンヒルデをすっかり忘れ、クリームヒルトの虜になっている彼は
クリームヒルトとの結婚を条件に承諾し、勝利する。
ブリュンヒルデは、戦いに挑んで結婚を申し込みに来るのが、
ジークフリートだと信じていたので、驚き、嘆く。
「あなたは、私を忘れたのか?男とはそういうものなのか?
もう誰も信じられぬ。。」
問われても、ジークフリートは彼女との約束など思い出せない。

ジークフリートは、ブリュンヒルデから向けられる怒りに
意味がわからぬまま戸惑い、彼の目はもうクリームヒルトしか見ていない。
その姿を見て、悲しむに打ち砕かれるブリュンヒルデ。

・・・そして

そもそも、黄金に目がくらんだことから始まる悲劇ですが、
なんとも、浅はかなクリームヒルトの取った行為で
あっさり秘密があかされてしまい、破滅への悲劇が・・でも、
その後の行動とか、なんか憎めないかわいらしい姫です。
・・・☆

「ニーベルンゲンの歌」という古典・叙事詩を上巻だけ読んで
あまりに悲劇なのと、読解しにくいので、ずっと放っていたのですが
映画でパパッと見ちゃおうと思い、借りたのが
「ニーベルングの指輪」
・・・
土台にはしているんでしょうが、むしろこの叙事詩と
ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」のストーリーを
ミックスしてあるようですね。
ワーグナーの楽劇はあらすじでざっと読んだだけなので、
理解してませんが。。
ニーベルンゲンの歌では、ジークフリートは、初めからクリームヒルトが好きで、
そこからして違ってます。
だから最初、戸惑いました。一緒だと思っていましたから。
テレビ映画だそうで、1部と2部に分かれていますが、
3時間ほどで、長いです。(長いですが、展開が早いので飽きません。)

・・・☆

見ようと思ったのは、ロバート・パテインソンのデビュー作だということなので^^;
2004年の作品なので、彼は17才くらい?
どろどろの欲の渦巻く悲劇の話しの中で一服の清涼剤のような
心清い、誠実な王子の役です。
登場回数は多いのですが。。セリフは少ないですねえ。
いなくても話が進みそうな気も。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★サンクタム [DVD]

サンクタム=人が足を踏み入れては行けない聖域
のことらしいです。

ジェームズ・キャメロン作品だというのと・・(実際は製作指揮だけなんですよね?)
アバターのイメージで、神秘的な、森から洞窟への美。。だと思って観ると、
がっかりを通り越して酷い目に。

深い密林に囲まれた中で、
大きく開いた世界最大級と言われる、未踏の洞窟への入り口。
大金持ちの実業家カールの出資で、洞窟冒険家フランクとその仲間の隊員が
洞窟の先を調査し始める。。ところに、カールとその婚約者ヴィクトリアが
ヘリコプターで悠々と到着、フランクの息子ジョシュの案内で、
隊員たちがいる洞窟内に降りていくのですが、
そこに、大型のサイクロン襲来で、出口をふさがれてしまう。
残された彼らは、その場所が水没する前に、
洞窟の先へ急ぎ、別の出口ルートを探すしか
方法がなくなってしまったのだが・・


はじまりの父と子のありきたりな対立をみて、ああ、この親子は、
最後に父は偉大だった・・と息子が気づくパターンか~と、
予想がつきます。
でもそれ以外は、ことごとく予想はずれ。
それも悪い方にでしたね。

だいたい、こんなに最新の機器を使用していながら、
どうしてサイクロンを予知して、回避できなかったの?
そして、
この監督は、おそらく女性が大嫌いなんじゃないでしょうか。
登場する女性はふたりですが、
仲間の女性は少なくとも初心者じゃないし、
富豪の婚約者もエベレストで知り合ったという設定だから
全くの素人でもないでしょうに。。。
パニックにはなるし、ヒステリックだし、
めちゃくちゃな扱われようです。

ネタバレしちゃいますが、


・・・☆


ひどい殺され方です。
ベテラン冒険家も、じつにあっさりと仲間を見捨てて、
自分だけ助かって、淡々としてるし。
どうしてこんな人間になっちゃったんだろう~という
ジョシュの父へのつぶやきがありましたが
ほんとに彼の精神が一番おかしいよ。


もう、いくら、あのあと、父と子の感動場面を見せられても
洞窟の神秘な美も、全て、記憶から消されて、
見終えたあと、残っているのはヴィクトリアの最後の顔ばかり。。

それに・・もしかしたら助けられるかも知れないのに
・・殺しちゃってるじゃないですか。足を怪我した馬のように。。
人間ですよ!これ、殺人じゃないんですか?
こういうのを美学だと思っているなら、監督もおかしいよ。
現実にはこれくらい覚悟を決めないと、
入ってはいけないところなんだと、言いたいのかも知れませんが。

・・これが実話ベース?と調べてみると、実際には全員無事だったらしい。
良かった~!ほんとに良かった。

でも何故、この映画では・・・?
ラストなんか、ほんとにサバイバル生き残りゲームでしたよ。

後味の悪い映画でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★モンテ・クリスト伯 [DVD]

モンテ・クリスト伯 厳窟王


 


アレクサンドル・デュマ原作
中学の頃読んで感動し、それから何度も読み返しました。
愛読の書でした^^
爽快・痛快なストーリーです。中程まで嫌な気分になりますが、
ぜったいスッキリするので、そのまま続けて下さい。

映画は「見せる」ためにかアクション場面が多いので、
原作での、エドモンの頭脳を使った用意周到な復讐劇とはちょっと違うのですが
これはこれでエドモンが一段とかっこよく、面白いです。
原作の「長く洞窟の中にいたため、顔は青白く、手も冷たく、
貴族らしい風貌に・・・」なところも好きなんですが^^

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

映画のあらすじ・・

貧しいが真面目な航海士のエドモン・ダンテスは、船長に信頼され、船を任されることになり
愛するメルセデスとの結婚も控え、幸せに満ちていた。
しかし彼の幸せを妬み、メルセデスに横恋慕する、親友(だと信じていた)
の子爵フェルナンや航海士仲間に、
船長の病のため、立ち寄ったエルバ島で
ナポレオンから私的な手紙を秘密裏に託されていたことを、通報されてしまう。
その手紙は、無学な彼には読めないものだったので、私的な手紙ではなく、
エルバ島脱出計画について書かれたものだったと知るよしもなく。。
しかも、その手紙が、取り調べた検事の父親宛てだったために、
検事は自らの保身のため、手紙を燃やしたうえ、
証拠隠滅のため、彼にあらぬ罪をかけ、
入獄されれば死ぬまで出ることが出来ない孤島イフ島に投獄することを命ずる。

急に、何がなんだかわからないまま、
全てを失った彼は、ただ愛するメルセデスに再会することだけを夢見て、
過酷な獄生活に耐えていたが。。

ここで、同じように投獄されていた司祭に会うんですね。
司祭は、脱獄のために掘っていた穴の方向を間違え、ダンテスの部屋の床から
出てきてしまうのですが、ここで、彼にも、一緒に掘れば早いと、脱獄を勧めるんです。
司祭は彼に学問を教え、また元兵士でもあったため剣術にも長けていて、
それからの何年間、剣の練習もさせる。
が、あと少しのところで、穴が崩れ、司祭は石の下敷きになって死んでしまう。
司祭の遺体を入れた袋に、うまく入れ替わり、脱出成功する彼は、
司祭から死ぬ間際に託された宝の地図から、莫大な黄金の宝を手にする。

脱出した際、偶然知り合った、元密輸業者でナイフの使い手のヤコポが
掟を破り殺されかけていたのを、助け、その恩で忠実な腹心の友になり、
以後、ずっと行動を共にします。
しかし、故郷に戻った、彼が知ったこと。。

愛するメルセデスはあのフェルナンと結婚し
しかも、子供がいて、その年齢から、彼が投獄されてまもなく結婚したことを知り
彼の復讐心はもう、どうにもとまらなくなるのです・・

めっちゃねたばれ↓

が、とても爽快なハッピーエンドです。

投獄されていた14年間は長いし、厳しく辛かったけど
有り余るほどの大金で、伯爵の地位も買い、
教養もあり、剣術にも優れた男に変身。
そして、信頼できる友を得て、
彼を心から愛する妻と優しい子供もいるんだから。
じつはこの子供は彼の子で、妊娠していた彼女が、ダンテス処刑の報を聞き、
子供を守るために、急いでフェルナンの求婚を受け入れていたのでした~^^



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★ブローン・アパート [DVD]


爆弾テロで、最愛の息子を亡くした母の悲しみと後悔の深さ。

爆弾処理班の夫は緊急の呼び出しで留守がち。
いつ命を落とすかも知れない危険と隣り合わせの生活で、
家庭に関心を持つゆとりがなく、妻は夫の無事な帰りを祈るように待つだけで、
神経が張りつめた毎日。
過酷な仕事の割には収入も少なく、貧しい市営住宅に住み、
毎日がやっとの生活をしていた彼女の心のよりどころは
5才になるかわいいひとり息子だけだった。

彼女は心の埋め合わせにふらりと訪れたバーで、
近くの高級マンションに住む新聞記者の男、ジャスパーに
ナンパされ、後ろめたさで拒否しつつも、身を任せてしまう。
一度きりと思っていた彼女だったが、ある日、夫と息子がサッカー観戦に行ったあと、
同じく観戦に行く途中だったジャスパーに呼び止められ、情事を重ねてしまう。
事件が起こったのはその時だった。

テロは偶然だったといえ、自分がしていたことへの罪の意識で、心は砕かれ、
息子の死を受け入れられない。
逆に、ジャスパーは、彼女に出会ったおかげで命拾いしたことで、
彼女の心を救いたい一心で
事件の詳細を調べ始めるが・・・そこでわかった現実とは。。

サスペンス映画ということですが、母親の子供への愛の話です。
母親には名前が付けられていません。

あなたさえいれば夫がいなくても良いの・・
その最愛の息子が。。。
ミシェル・ウイリアムズの演技が素晴らしすぎて、
母親の悲しみが伝わり、泣けます。

でも、ラストは。。
心配なく見終えることができます^^
これで良いのかという評価もありましたが、
彼女には幸せをつかんで欲しいです。

~☆・:.,;*


ユアンがカッコイイです[黒ハート]
・・ファンとしては、ちょっと衝撃的かも・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★ゴーストライター [DVD]

ロマン・ポランスキー監督のサスペンス映画。 

 ユアン・マクレガー主演。
元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター
(ゴーストライターなので、最後まで、彼個人の名前はありません。)
が、アダムの住む孤島に滞在するうち、前任の執筆者の死に疑問を抱き始める。
そして、彼は、その死が個人の事故ではなく、国家を揺るがすような
秘密に触れたためと知ってしまう。。。

ひしひしと怖いです。
じつは深夜に何気なく見始めて、朝、早く起きなければいけなかったので
中断して寝ようと思ったのですが、あまりにも、展開が気になり、
かといって時間がなかったので、パパッとネタバレさがして・・・
・・・
曖昧なネタバレを見たせいで、
気が滅入って、かえって眠れなくなりました。・・最悪な朝^^;

でも、ユアンが、とても素敵だし、好きな人は見る価値大。
それに、ラストの衝撃度は、途中でやめたときの想像より、
描き方がきれいなので・・マシです。
怖いけど。

怪しい仕事は引き受けたらダメですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★リメンバー・ミー [DVD]

トワイライトを見たあとだったので
なんとなく、ロバート・パティンソン主演。製作総指揮のDVDを借りて観ました。

これも全然話題にならなかったように思うけど、
良い映画です。

家族を顧みない父親に反発し
妹のいじめ問題、兄の死、
解決できない悩みと不安を、ぶつける場所もなく、
将来に絶望し、自暴自棄に陥り、
ただ、家族の絆を求めて葛藤する息子タイラー。
暴漢に襲われ、母を目の前で射殺された過去をもち、
人を信じられなくなった、娘アリー。
この孤独なふたりが、ある事件をきっかけに知り合い、
惹かれあっていく。

~☆・:.,;*

家族を深く愛しているのに、
仕事に追われ、
ただ、表現の仕方がわからなかっただけの父親の
本当の気持ちを知ったタイラー。

最後が衝撃的なんです。
ああ、そうなんだ・・・と、
題名の意味を知り・・しばらく、気が滅入りますが。
タイラーの笑顔が素敵です。

~☆・:.,;*


ロバート・パティンソンは、全く好みじゃないのですが
こういう、暗くて、ふれると壊れてしまいそうな、
崩れ落ちていきそうな男を演じると、非常に似合いますね。
トワイライトよりかっこよく思えました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★アメイジング・グレイス [DVD]

久々のアップです。

この映画もずいぶん前に観たのですが、とても感動しました。
アメイジング・グレイスという曲は知っていたのですが、
こういう風な経緯で作られたものだと言うことは
知りませんでした。映画を観てから聴き直すと、ただきれいな曲と言うだけでなく
重く心に響きますね。

奴隷制度に反対する、ひとりの政治家・ウイリアム・ウイルバーフォースが
自分ひとりの力では何も変えられない現実への悩み、苦しみ、失意の中で
ひとりの女性との心からの交流、そして、この歌を作った牧師との運命の出会いがあり
あきらめないで、真の仲間たちと、風習を破り、改革への道を切り開いていく。

この牧師もまた、奴隷船の船長であった過去への懺悔から、神に仕える身となり、
この歌を作ったんですね。

イギリスにもこんな過去があって、この映画は実話を元にしているのですが
直接的な奴隷船の過酷さを見せたりするシーンはありません。
ただ、そこがそういう状態だと言うことを想像させる描き方で、賛否両論ありそうですが、
私は、この隠した表現の方が強く心に響くと思いました。
残酷さを強調して見せると、それしか印象に残らないのでは?と思うのです。

そういうことで、配役も含めて美しい映画です。
特に、この女性、後に妻になるバーバラとの会話のシーンが好きです。
素晴らしい女性だと思いました。ああいうひとになりたいですね。

ぜひ観てみる映画だと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。