So-net無料ブログ作成
検索選択

※ウィキッド Wicked・劇団四季 [演劇]

今夏、劇団四季の「Wicked」を観ました。
オズの魔法使いの、もう一つの物語。
緑の肌をしたエルファバがどうして悪い魔女とよばれるようになったか。
ドロシーちゃんが出てくる「オズの魔法使い」を知っている前提のお話なので、
忘れていたらおさらいしてから見に行く方が良いですね^^

動物たちも人間も同じ言葉を話していた平和な国オズ。
ところが、ある日、動物たちに異変が起き、言葉が話せなくなってしまいます。
同じ時期に、入学してきた、緑の肌をした、魔法の力を持つエルファバと、
美貌で明るいグリンダ。
ルームメイトになった二人は、外面も性格も全く違いながら、互いを認め合い
友情を深めていきます。。
魔法使いオズの招待で、美しいエメラルドシティに行った二人は、
オズのおそろしい陰謀を知り、正義を愛するエルファバは戦うことを決意しますが、
オズから、悪い魔女というレッテルを貼られ、
国民から、追われる立場になってしまいます。
逆にグリンダは良い魔女として、ますます人気者に。

そして、友情を守る為にグリンダがとった行為は。。
オズの正体とは。。


原作は↓

オズの魔女記

オズの魔女記

  • 作者: グレゴリー・マグワイア
  • 出版社/メーカー: 大栄出版
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本

数年前に、図書館で借りて読みました。

うろ覚えですが、四季のミュージカルとは結末も全然違いますし
雰囲気も、むしろ残酷な感じで、呆然としますね。
(でも、きれい事でない深いお話なので、一読すると良いかも。)

それに比べると、四季の表現は、非常に美しく感動的にまとめてあります。
友情の物語ですね。ラストにどっと感動の涙です。
歌がすばらしいのですが、ただ、なじみのない曲ばかりなので
あとに残らず^^;
何度か曲を聴いて覚えていった方が楽しめるかもです。

・・・☆
USJ版も見たことがあるのですが、こちらは、圧縮版というのかな。
時間が短い分、良く理解できなかったので、本を借りて読んだのです。
歌はブロードウエイのまま、英語詞です。
(もちろん横のモニターで日本語訳が出ます。)
なんといっても、USJの入場料だけで見られるので、とてもお得でした^^



 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。