So-net無料ブログ作成

★から騒ぎ [DVD]

シェークスピアの「から騒ぎ」

戦いから戻ってきたアルゴン大公ドン・ペドロ率いる一行は、
のどかな風景が広がるメシーナの領主レオナートたちに大歓声で迎えられる。
領主の一人娘ヒーローを好きになった、貴族のクローデイオの仲を
大公が取り持ち、二人は結婚することに。
気をよくした大公たちは、顔を合わせば喧嘩ばかりしている、
自称女嫌いの貴族べネデイックと、美人なのに男嫌いのレオナートの姪ベアトリスを
くっつけようと、お互いがほんとは好きなんだと吹き込むことに成功し、
二組のカップルが誕生。
が、兄のお気に入りのクローデイオを憎む、大公の義母弟ドン・ジョンは、
この結婚を阻もうとし、ヒーローをふしだらな女だと思わせる芝居をする。
まんまと騙されたクローデイオたちは、結婚式で彼女を罵倒する。
が、陰謀を企てたドン・ジョンの部下たちがいい気になって話しているのを
警らの男たちに見つかり。。


喜劇なので安心して笑って観られます。
シェークスピアって本で読むとそう面白くないんだけど
さすが戯曲、演技が入るとすご~い面白い。何しろセリフが多いしテンポも速いし、
独白場面が多くてそれがすごく可笑しい。
はまってしまう面白さです。

大公役はデンゼル・ワシントン、その義母弟役が、キアヌ・リーブスなんです。
ちょっと無理があるようですが。。なかなか役柄に合ってます。
ベアトリス・・エマ・トンプソン
ヒーロー・・ケイト・ベッキンセイル
道化?(マイケル・キートン)のしゃべり方も面白いです。

・・・・・☆

ケネス・ブラナー監督・製作・脚本・主演。

私は彼がハムレットを演じていたのを観てから、好きじゃないのですが
この役はすごくイメージに合っていて良かったです。
(ハムレットにはもっと痩せていて若い人でないと、似合わないと思ったんですよね。
彼の演技が、なんかナルチストな感じで。その年で「to be or not to be」
はないだろうとか^^)




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。