So-net無料ブログ作成

※眠られぬ夜に読むと・・ [本・コミック]

眠れない夜に読むとすぐに眠れる、睡眠作用のある本
って、ありますよね。
最近のヒット!「LIMIT」
この本は、帯に『・・あえて言うなら、最初の800ページは壮大なプロローグに過ぎない。』
と、書いてあるとおり、
1巻(600ページくらい)読み終えてもまだテーマがわからない。
4巻あるのだけど、
1巻目は、ほぼ、登場人物の紹介と月へのプロジェクトの説明。
この著者の、「深海のYRR」という本の評判が良かった(らしい)のと、
宇宙エレベーターで宇宙ステーションに行くという、
すごい発想に興味そそられて読み始めたのですが。。。

かなり科学的に細かく説明されているのだけど、
それ故、さっぱり理解できないところに加えて
それが、どうストーリー上で関係してくるのかかどうか・・・(科学雑誌でもないし)
登場人物も40~50名とじつに多いのに、同じ場所でそれぞれが好きなようにしゃべるので
しっかり読まないと誰が話しているのかわからない。
しかも、話の内容がほぼ雑談で、じつにつまらないから、確実に眠くなる。

これからの展開がどうなるのか、全然進んでいない状態で
人物説明とプロジェクトの説明で丸ごと1巻・・今2巻目だけど、まだまだ続く・・・

それでも、読んでいたのは、その睡眠作用があるのと、これだけ長いのだから、
なにかの伏線が隠されており、なおかつ、テーマが宇宙だから・・
(と言いつつ、なぜか行方不明の中国人少女を捜すとかいう話も入ってきて
ますが。。まだ繋がりはわかりません。)
そのうち面白くなるに違いない、第一買っちゃったんだし(正規の値段で)

・・・・・
が、読むのをやめて、ここで悪口を書くことにしました。
そのわけは、ここまで読んで、次第に
この著者が、差別主義者で、自分の思想を密かに内容に組み込ませて書いているのでは?
と思えてきたからです。
特に、私が日本人だからかも知れないけど、敏感に感じられる点がいくつかあります。
先ず、この大きなプロジェクトに関係して、招かれている世界各国の大富豪や著名人の中に
日本人は一人もいない。
アメリカの大富豪の妻として大村百花という、日本人がひとり参加してますが、
最初から、彼女の紹介に、高慢で鼻持ちならない嫌な女・・として描かれてます。
(様々な場所で、彼女へのバッシングは酷いです。まだ、プロローグレベルで、何もしてないのに。)
機械の故障で人が死にますが、その壊れた部品は日本製だったとか、
(他の部品の製造国の記入は無し。ならばなぜわざわざ日本製を強調した書き方をするのか。)
道を歩いていて譲らないのは日本人と中国人だけでイラッとくる。とか。。
(省いても構わないどうでもいいところにわざわざ日本人登場・・)

著者が自分の考えを作品に組み入れるのはあたりまえですが、
ベストセラー小説らしいので、
こう、露骨に国名を指定して書かれると、
読者に、日本に対してそういう印象を持たれるかも知れない。
まさに、イラッときます。

・・・・・・・
そうすると眠り薬にもならないでしょ。
役に立たない本!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。