So-net無料ブログ作成
検索選択

※ミレニアム [本・コミック]

 喘息のような風邪になり、しばらく臥せってました。
まだ完治してませんが、ほぼ大丈夫です。
風が吹くと風邪になる自分に飽き飽きです。

~☆・:.,;*
今、はまり中のおすすめ本「ミレニアム」

第1部 ドラゴン・タトゥーの女
ミステリ三部作・・と本の帯に書いてあったのですが
ミステリと言うよりジャーナリズムや社会風刺・差別への批判など
著者の考え方、意志を盛り込んで、ミステリ仕立てにしたという感じの本ですね。
考え方や行動パターンが明白で潔く爽やか、生き方に好感が持てる、
主人公ミカエルは、まさに著者自身のような気がしてきます。

読み出すとまさに止められない、
グロな表現も多々あり、ぞっとしますが、展開が気になり眠れなくなるほどです。
本作のもうひとりの主人公、リスベットがまた魅力的で、ミカエルとは逆に
次の行動がわからない不思議さにひきこまれます。
盛りだくさんな内容で、登場人物が多く、慣れない名前を覚えるのに混乱しますが
親切にも登場人物名鑑なメモ書きが挿入してあるので、見ながら読めます^^

今、第2部の「火と戯れる女」を読書中ですが、リスベットの運命が心配で、
ちょっとコーヒーブレイクして息継ぎ中^^

第3部の「眠れる女と狂卓の騎士」まで購入済みですが、
それで終わりかと思うと、今からガッカリです。
5部作になる予定だった・・とどこかで読みましたが
作者が50才にして心筋梗塞で急死してしまったため、
続きを読む楽しみが儚く消えてしまいました。
パソコンの中に下書きが残っているらしいのですが、
未婚で遺言もないため、
誰も開ける権利がないとか・・・残念です。

映画化されているんですね。
知らなかったのですが、
スウェーデン版はミカエルのイメージが違いすぎる。。
(私にとってミカエルは著者のスティーグ・ラーソンなんだけど^^;)
この配役の顔は私的には許せないなあ~。。と思っていたら、
「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で再映画化されていて
主人公がダニエル・クレイグだった!
似てないけど、イメージはピッタリ!
DVDがでたら即レンタルして観よう~♪





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。