So-net無料ブログ作成

※レデイ・ジョーカー [本・コミック]

合田雄一郎刑事シリーズの1冊。
たまたま、ブックオフで、ハードカバーなのに105円で売っていた、
マークスの山を購入。
それまで、高村薫氏の本を読んだことがありませんでしたが、
心理描写を深く描いたこの作品に感動。
またまたブックオフで見つけたこの作品を読んで、
すっかり合田刑事のファンになりました。ただ今、照柿読書中^^

グリコ森永事件にヒントを得て書かれたものらしいのですが
いろんな差別問題を深く取り上げていて、登場人物個々の
細かい描写で、感情移入しやすく、かなり読み応えがあります。

とにかく暗いです。
大会社の社長の苦悩や、新聞記者の大変さ等、
社会最前線にいる人たちの壮絶な戦いを再認識して驚くほど。
・・それにしても政治家は怖い。
権力欲に駆られた人間が政治家になりたいわけがよくわかります。
もちろん全てじゃないでしょうが。。(と祈ります。)

~☆・:.,;*

この作品の映画も見ました。
これは・・・
ダメですね。原作を読んでなければ、きっと意味がわからないんじゃないでしょうか。
略しすぎていて、何で、彼らがこの事件を起こしたのか、
映画を観ただけでわかるのだろうか?
しかも、どん底下層の物井じいさんが、渡哲也では・・・
みんな演技はうまいと思うんですよ。でも配役ミスがあるような気がするんですよね。
逆に、合田刑事が、徳重聡では若すぎると、批判がありましたが
彼はピッタリだった気が、私はしました。。

※このあと、照柿を読みましたが・・こちらが先だった。順番が違ったのね^^;・・
  照柿のあとだとすると、合田刑事はやはり、もっとずっと年だった。
  こんな清潔感あふれる人でもなかった。かっこよくも全くなく、むしろ気味が悪い。
  イメージが崩れたな~ぁ。。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。