So-net無料ブログ作成

※天と地の守り人 [本・コミック]

「天と地の守り人」 は守り人シリーズの最終章です。

本屋さんで店頭に並んでいるのを見かけて、
私の好きな分野、『ファンタジー・歴史物』だったのでお試し購入。
どの巻からも読めるような解説でしたが、
やはり、シリーズ最初の「精霊の守り人」から読み始めました。


子供向け?とは思えない広大な世界観が広がるお話です。
ロード・オブ・ザ・リングを思い出すような・・

最初の1巻はそれで完結しているようでもありましたし、正直、子供っぽい気もして
あまり、気持ちが入らなかったのですが、2巻目の「闇の守り人」で、すっかり
バルサ(主人公の女性、短槍のバルサと呼ばれている無敵の用心棒)にはまり、
その次の巻からはチャグム(新ヨゴ皇国の皇太子)にもはまり、
続きが気になって、夜も寝ないで10巻読んでしまいました。
読みやすいです。
バルサが主人公だと思っていたのですが、
皇子チャグムの成長物語なんだと思います。

読み終わるのが残念になるくらい面白く、引きこまれました。
大人から子供まで、お薦めの本です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

merci

お久しぶりです!
私もこのシリーズが大好きで、「天と地~」の文庫本が出るのを首を長~くして待ってました。
児童文学のカテゴリに入るようですが、壮大な世界観と人間模様の描写の深さには感動しますね。
本当に、シリーズが終わってしまうのがもったいなくて、読み終わった後は寂しかったです~。
by merci (2011-07-17 00:05) 

ange

merciさん、お久しぶりです!
コメントとnice、ありがとうございます。
私は完結してから読み始めたので幸せでした^^
でも、もっともっと続いて欲しい気持ちですが。
ほんとに児童文学とは思えない深く広い内容で
感動しました。

by ange (2011-07-23 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。