So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

※ウィキッド Wicked・劇団四季 [演劇]

今夏、劇団四季の「Wicked」を観ました。
オズの魔法使いの、もう一つの物語。
緑の肌をしたエルファバがどうして悪い魔女とよばれるようになったか。
ドロシーちゃんが出てくる「オズの魔法使い」を知っている前提のお話なので、
忘れていたらおさらいしてから見に行く方が良いですね^^

動物たちも人間も同じ言葉を話していた平和な国オズ。
ところが、ある日、動物たちに異変が起き、言葉が話せなくなってしまいます。
同じ時期に、入学してきた、緑の肌をした、魔法の力を持つエルファバと、
美貌で明るいグリンダ。
ルームメイトになった二人は、外面も性格も全く違いながら、互いを認め合い
友情を深めていきます。。
魔法使いオズの招待で、美しいエメラルドシティに行った二人は、
オズのおそろしい陰謀を知り、正義を愛するエルファバは戦うことを決意しますが、
オズから、悪い魔女というレッテルを貼られ、
国民から、追われる立場になってしまいます。
逆にグリンダは良い魔女として、ますます人気者に。

そして、友情を守る為にグリンダがとった行為は。。
オズの正体とは。。


原作は↓

オズの魔女記

オズの魔女記

  • 作者: グレゴリー・マグワイア
  • 出版社/メーカー: 大栄出版
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本

数年前に、図書館で借りて読みました。

うろ覚えですが、四季のミュージカルとは結末も全然違いますし
雰囲気も、むしろ残酷な感じで、呆然としますね。
(でも、きれい事でない深いお話なので、一読すると良いかも。)

それに比べると、四季の表現は、非常に美しく感動的にまとめてあります。
友情の物語ですね。ラストにどっと感動の涙です。
歌がすばらしいのですが、ただ、なじみのない曲ばかりなので
あとに残らず^^;
何度か曲を聴いて覚えていった方が楽しめるかもです。

・・・☆
USJ版も見たことがあるのですが、こちらは、圧縮版というのかな。
時間が短い分、良く理解できなかったので、本を借りて読んだのです。
歌はブロードウエイのまま、英語詞です。
(もちろん横のモニターで日本語訳が出ます。)
なんといっても、USJの入場料だけで見られるので、とてもお得でした^^



 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

※ベランダ菜園 [お気に入り]

ちょこっとベランダ菜園・・と言っても、苗を植えてから、お水あげてるだけで
一切、手間のかかることしていないのですが、
しっかり育ってます^^

 

 ぶどう.JPG

《デラウエア種ぶどう》
こちらは苗からではなく、青い房がついた状態で購入したので
なんと6500円という、ブドウを買った方がはるかにお得なお値段。

もうまもなく食べられそうでしょ。
でも、もったいないから、
いつまでも食べずに鑑賞していたいなあ。。

 

 とまと.JPG

とまと。
これはもう、何個も収穫済みです。みずみずしくて美味しい・・
・・というほどでもなく、普通のトマトです^^;

 

 おなす.JPG

なす。
なすはこれで3個目。
見た目も味も・・・いまいちだったかなあ・・^^;
なぜか、ちょっとかたいんですねえ。

ピーマンも成功しましたが、細くてシシトウのよう。

美味しいのを作るのは難しいですね。
でも、↑この程度なら、朝たっぷりお水をあげるのを忘れなければ
・・たまに忘れても^^;
だいじょうぶ、育ってくれます。自然は強い。


※SweetLip みつあめ [お気に入り]

あめやえいたろう」のスィートリップ

 りっぷくりーむ.JPG

リップグロスの形をしていて、塗るとあま~~いスイートリップのできあがり。
何種類か買いました。
このフォトは、上が有平糖、下がハイビスカスです。
見た目は化粧品ですね。
キャップを取ると口部分が斜めになっているので、
唇に塗りやすいです^^ と言ってもすぐになめてしまいますが。
とっても甘くて美味しいので、
20グラムの水飴なのであっという間になくなってしまいます。

テレビ等で紹介されて大人気になった商品らしいですが
東京でしか販売されてないので、
倍以上のお値段で「お買い物代行」があって、びっくり。
これ自体が、1本525円もするので、高い~と思ってるのですが、
代行料金は3本セットで3980円、
送料別(こんな小さいのに、送料が地域別700円から1200円!)
リップグロスならともかく、アメですよ!アメ。

包装も化粧品ぽくて、おしゃれでかわいいから、女の子なら一度は試してみたいし、
ちょっとしたプレゼントにも良いかもね。


※ラデュレのパティスリー [お菓子]

暑い夏でした。・・まだ暑いけど、風がいくらか涼しくなったような。
で、ちょっとあちこち弱い私は、決まり事のように夏風邪を引き、
夏の間ずっと風邪を引いているとゆう・・・

体調に関係なく、いくらでも食べられる「お菓子」の中でも特に好きな一つ、
ラデュレのパティスリーに期間限定品が出ていたので、買ってきました。

形も可愛いでしょ。

 イスパハンハート.JPG
 Ispahan en coeur イスパハン・ハート880円

他にも、↓

 サントノレフレーズピスタッシュ.JPG 
  
サントノレ・フレーズ・ビスタッシュ 880円   

 ルリジューズヴィオレット.JPG
 
ルリジューズ・ヴィオレット840円
 
      

 


 
小さくて軽いので、3個一度にペロリです。

でも、普通のマカロンの方が美味しいかなあ^^
ハートは美味しかったけど、ヴィオレットはいまいちかな~
ちょっとぱりっとした(ぱさっとした)ミニシューみたいで。

このお店のマカロンは種類も多くて、どれもすごく美味しいです。
それにとってもかわいい。
マカロンなら8個入りくらいペロリと・・あればあるだけOKかも・・^^;
ローズとフランボワーズが特に好みのフレーバーですね。



 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

※説得 [本・コミック]

トワイライトのベラに感化されたとも言えますが
ジェーン・オースティンを読み返してみたくなりました。
有名な「高慢と偏見」・・(映画・プライドと偏見)
「分別と多感」・・(映画・いつか晴れた日)

非常に有名なこの2冊は学生時代に読みました。
どちらかというと映画で感動したのかな。

以下は、たぶん、初めてか、読んだのを忘れていました。
オースティン好きとか言いながら
意外におぼえてなかったのね。

「マンスフィールド・パーク」
「エマ」(映画・エマ)
「ノーサンガー・アビー」

一気にこの夏読みましたよ。楽しい夏でした。

そして、作品の中で最も気に入っているのが
オースティン晩年の、最後の作品と言われている「説得」

「説得」は、最初、
富田彬訳のこちらを読みましたが

 

説きふせられて (岩波文庫)

説きふせられて (岩波文庫)

  • 作者: ジェーン オースティン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1998/10/16
  • メディア: 文庫

訳の言葉遣いがどうも変なんです。江戸・下町の男性言葉のような。
「・・・なっちまいました」「なんてこったろう」「言ってらしった」「もらいたがってんのよ」
「あん時」「良くなるこってしょう」「お前さん」・・etc.
ひと言ずつ抜き出すときりがないのですが、
この話の中に出てくるような淑女が絶対に使わない言葉でしょ。
話し言葉以外もかなり変で、前後関係がわからなくなる場面も。
内容がなかなか頭に入ってこないのです。
原書を見ていないのでわかりませんが、すごく直訳っぽい感じがするのです。


でも、とても好きになれそうなヒロインのお話だったので
大島一彦訳のこちらを買い直して読みました。

説得 (中公文庫)

説得 (中公文庫)

  • 作者: ジェイン オースティン
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 文庫


ストーリーがすーっと理解できて
感情移入もしやすく、面白くて、
翻訳者の選択って重要だな~と実感。
じつはもう数回読み直しました^^:
特に好きなのは最後の方の、ウエントワース大佐のラブレター。
時間が無く、心はやるままに、走り書きされたものですが
むしろそれ故に、気持ちがそのまま表されていて、
何度読んでも感動的なんです。

これがどうして映画化されないのか、不思議。
BBCドラマではあるようですが、DVDが手に入らないのです。
確かに地味な内容ですが、
心の揺れ動く様を静かに丁寧に描いてあるので
素敵な俳優さんで、映画化して欲しいな。


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

★から騒ぎ [DVD]

シェークスピアの「から騒ぎ」

戦いから戻ってきたアルゴン大公ドン・ペドロ率いる一行は、
のどかな風景が広がるメシーナの領主レオナートたちに大歓声で迎えられる。
領主の一人娘ヒーローを好きになった、貴族のクローデイオの仲を
大公が取り持ち、二人は結婚することに。
気をよくした大公たちは、顔を合わせば喧嘩ばかりしている、
自称女嫌いの貴族べネデイックと、美人なのに男嫌いのレオナートの姪ベアトリスを
くっつけようと、お互いがほんとは好きなんだと吹き込むことに成功し、
二組のカップルが誕生。
が、兄のお気に入りのクローデイオを憎む、大公の義母弟ドン・ジョンは、
この結婚を阻もうとし、ヒーローをふしだらな女だと思わせる芝居をする。
まんまと騙されたクローデイオたちは、結婚式で彼女を罵倒する。
が、陰謀を企てたドン・ジョンの部下たちがいい気になって話しているのを
警らの男たちに見つかり。。


喜劇なので安心して笑って観られます。
シェークスピアって本で読むとそう面白くないんだけど
さすが戯曲、演技が入るとすご~い面白い。何しろセリフが多いしテンポも速いし、
独白場面が多くてそれがすごく可笑しい。
はまってしまう面白さです。

大公役はデンゼル・ワシントン、その義母弟役が、キアヌ・リーブスなんです。
ちょっと無理があるようですが。。なかなか役柄に合ってます。
ベアトリス・・エマ・トンプソン
ヒーロー・・ケイト・ベッキンセイル
道化?(マイケル・キートン)のしゃべり方も面白いです。

・・・・・☆

ケネス・ブラナー監督・製作・脚本・主演。

私は彼がハムレットを演じていたのを観てから、好きじゃないのですが
この役はすごくイメージに合っていて良かったです。
(ハムレットにはもっと痩せていて若い人でないと、似合わないと思ったんですよね。
彼の演技が、なんかナルチストな感じで。その年で「to be or not to be」
はないだろうとか^^)




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★ロミオとジュリエット 舞台版 [DVD]

蜷川幸雄演出
藤原竜也x鈴木杏主演の舞台作品をDVD化したものです。
舞台がなかなか見に行けない私にとって嬉しいDVD化でした。
藤原竜也のハムレットもDVD化されないかなあ・・
シェークスピアって古典で、戯曲だし、
セリフが大げさで、詩の朗読のようで、それが大まじめなので、
すごく面白い!


もちろん生の舞台じゃないので、
要所要所でクローズアップされるところがあったりしますが、
表情とか、舞台では見えにくいところも見えたりすることが・・あるよね。
汗びっしょりのところとか。
藤原竜也の演技はすごく良い!もう最高!
舞台見に行きたいよ~。

有名なお話なので、筋書きは書かないけど
何度見てもせつない。ああ、あと少し待っていれば・・と。。。
なんど見ても思う^^;
二人の出会いシーンがすごく若々しくて、初々しくて、
十代の初め頃の恋って、こんなに純粋でキラキラしてるんだなあ~
と、忘れかけていた明かりを灯してくれます。
14才でしょ。(ロミオは16才くらい?)
こんな若いのに、死んでしまうような恋をするって
変な感想だけど羨ましい。
バルコニーのシーンもひとことひとことが幸せにあふれていて
笑えるほどかわいらしすぎる。
結果が違っていればほんとに楽しいお話なのに。
この幸せな時間があるから、ラストの切なさが増すのよね。

親友マキューシオの演技も、楽しかった♪


※眠られぬ夜に読むと・・ [本・コミック]

眠れない夜に読むとすぐに眠れる、睡眠作用のある本
って、ありますよね。
最近のヒット!「LIMIT」
この本は、帯に『・・あえて言うなら、最初の800ページは壮大なプロローグに過ぎない。』
と、書いてあるとおり、
1巻(600ページくらい)読み終えてもまだテーマがわからない。
4巻あるのだけど、
1巻目は、ほぼ、登場人物の紹介と月へのプロジェクトの説明。
この著者の、「深海のYRR」という本の評判が良かった(らしい)のと、
宇宙エレベーターで宇宙ステーションに行くという、
すごい発想に興味そそられて読み始めたのですが。。。

かなり科学的に細かく説明されているのだけど、
それ故、さっぱり理解できないところに加えて
それが、どうストーリー上で関係してくるのかかどうか・・・(科学雑誌でもないし)
登場人物も40~50名とじつに多いのに、同じ場所でそれぞれが好きなようにしゃべるので
しっかり読まないと誰が話しているのかわからない。
しかも、話の内容がほぼ雑談で、じつにつまらないから、確実に眠くなる。

これからの展開がどうなるのか、全然進んでいない状態で
人物説明とプロジェクトの説明で丸ごと1巻・・今2巻目だけど、まだまだ続く・・・

それでも、読んでいたのは、その睡眠作用があるのと、これだけ長いのだから、
なにかの伏線が隠されており、なおかつ、テーマが宇宙だから・・
(と言いつつ、なぜか行方不明の中国人少女を捜すとかいう話も入ってきて
ますが。。まだ繋がりはわかりません。)
そのうち面白くなるに違いない、第一買っちゃったんだし(正規の値段で)

・・・・・
が、読むのをやめて、ここで悪口を書くことにしました。
そのわけは、ここまで読んで、次第に
この著者が、差別主義者で、自分の思想を密かに内容に組み込ませて書いているのでは?
と思えてきたからです。
特に、私が日本人だからかも知れないけど、敏感に感じられる点がいくつかあります。
先ず、この大きなプロジェクトに関係して、招かれている世界各国の大富豪や著名人の中に
日本人は一人もいない。
アメリカの大富豪の妻として大村百花という、日本人がひとり参加してますが、
最初から、彼女の紹介に、高慢で鼻持ちならない嫌な女・・として描かれてます。
(様々な場所で、彼女へのバッシングは酷いです。まだ、プロローグレベルで、何もしてないのに。)
機械の故障で人が死にますが、その壊れた部品は日本製だったとか、
(他の部品の製造国の記入は無し。ならばなぜわざわざ日本製を強調した書き方をするのか。)
道を歩いていて譲らないのは日本人と中国人だけでイラッとくる。とか。。
(省いても構わないどうでもいいところにわざわざ日本人登場・・)

著者が自分の考えを作品に組み入れるのはあたりまえですが、
ベストセラー小説らしいので、
こう、露骨に国名を指定して書かれると、
読者に、日本に対してそういう印象を持たれるかも知れない。
まさに、イラッときます。

・・・・・・・
そうすると眠り薬にもならないでしょ。
役に立たない本!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

★ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]


雑誌「ミレニアム」の発行責任者であり、
ジャーナリストのミカエル・グルムクヴィストは
経済界の大物ヴェンネルストレムの違反行為を暴く記事を
スクープしたはずが、それは罠だった。彼は名誉毀損で訴えられ、敗訴。
傷心の彼のもとに、ヴェンネルストレムのライバルでもある大実業家から、
調査依頼が舞い込む。
その調査とは、36年以上前に失踪した姪を捜すことだった。

当時、殺されたとされていた事件だったが、被害者が発見されないまま
叔父である大富豪の元経営者ヘンリック・ヴァンゲルが真実を探って欲しいと頼んできたのだ。
探偵ではないと乗り気でなかったミカエルだったが、自分が陥れられた事件について
ヘンリックがヴェンネルストレムの弱点を握っているという
言葉に動かされ、調査を引き受ける。
そこには恐ろしい事実が隠されていた。

・・・☆

著者が、男性とか女性とかいう枠にはめる性差別を批判しているからか、
作品では、女性が男性よりも、むしろ積極的で、行動力も、知恵もあり、
判断基準に見た目や性の違い、職業的地位は関係しないと、強く表現されています。

原作「ミレニアム」が、あまりにも面白かったので
(展開が早くて飽きさせないし、特に3巻目ラストのすがすがしさに喝采!)

レンタル開始を楽しみにしていました。
概ね、原作に忠実ですが、映像化すると何とも過激で、
少しとばしました。いつもは画面を明るくしてみるのですが、
暗いままで^^;
ダニエル・クレイグが出てるせいか、007な雰囲気も^^しますが。

ミカエルを演じるダニエル・クレイグが3部作への出演を契約したそうなので、
3部作とも映画化されるのですね!楽しみ。
2部から3部へは繋がっているので、2部を見たあと3部公開まで
かなり
やきもきさせられることでしょうね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★ニーベルングの指輪 [DVD]


呪われた指輪に魅了された人々の悲劇を描く、壮大なドラマです。

国を壊され,追っ手からひとり逃れた幼い王子ジークフリートは
人の良い刀鍛冶のエイヴィンに匿われ、彼の子として成長する。
ある日、隕石の導きで、アイスランドの女王ブリュンヒルデと出会い
彼女との戦いに勝ち、「私に勝ったのはあなただけだ。」という彼女と
永遠の愛を約束し、必ず迎えに行くと約束をして別れる。

国王グンターにエイヴィンの剣を献上に行く際、
グンターの妹クリームヒルトに見染められる。
が、彼は、ブリュンヒルデとの約束があると話し、彼女を相手にしない。

その後、国に災いをもたらしていたドラゴン退治に行った彼は、
かの隕石を用い、自ら鍛えあげたた剣でドラゴンを倒し、
その血をあびて不死身になる。葉がはり付いた肩の一部をを除いて。

ドラゴンの守っていた黄金を手にした彼はそこにひとつの指輪を見つける。
この指輪を持つ物がこの黄金を持つ者となり、そして、その指輪は死せる魂に
呪われていた。

他国との争いの中で自分の身分が一国の王子であると思い出し、
身分の違いで恐れていた女王ブリュンヒルデに求婚する自信がついた彼は
この黄金を持って、ブリュンヒルデを迎えに行こうとするが・・・

黄金を手にしたいグンター国王と腹心の部下、ハーゲンは
ジークフリートに恋するクリームヒルトに、彼に飲ませる媚薬を渡す。

さて、グンター王はブリュンヒルデとの結婚を望んでいたが、彼女は
自分と戦い、勝利したものに嫁ぐと言う、彼女には神の力が宿り
容易に勝てないと知っている王は、ジークフリートに『変身できる仮面』をつけて
王になりきり、代わりに戦うよう頼む。

媚薬の力で、ブリュンヒルデをすっかり忘れ、クリームヒルトの虜になっている彼は
クリームヒルトとの結婚を条件に承諾し、勝利する。
ブリュンヒルデは、戦いに挑んで結婚を申し込みに来るのが、
ジークフリートだと信じていたので、驚き、嘆く。
「あなたは、私を忘れたのか?男とはそういうものなのか?
もう誰も信じられぬ。。」
問われても、ジークフリートは彼女との約束など思い出せない。

ジークフリートは、ブリュンヒルデから向けられる怒りに
意味がわからぬまま戸惑い、彼の目はもうクリームヒルトしか見ていない。
その姿を見て、悲しむに打ち砕かれるブリュンヒルデ。

・・・そして

そもそも、黄金に目がくらんだことから始まる悲劇ですが、
なんとも、浅はかなクリームヒルトの取った行為で
あっさり秘密があかされてしまい、破滅への悲劇が・・でも、
その後の行動とか、なんか憎めないかわいらしい姫です。
・・・☆

「ニーベルンゲンの歌」という古典・叙事詩を上巻だけ読んで
あまりに悲劇なのと、読解しにくいので、ずっと放っていたのですが
映画でパパッと見ちゃおうと思い、借りたのが
「ニーベルングの指輪」
・・・
土台にはしているんでしょうが、むしろこの叙事詩と
ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」のストーリーを
ミックスしてあるようですね。
ワーグナーの楽劇はあらすじでざっと読んだだけなので、
理解してませんが。。
ニーベルンゲンの歌では、ジークフリートは、初めからクリームヒルトが好きで、
そこからして違ってます。
だから最初、戸惑いました。一緒だと思っていましたから。
テレビ映画だそうで、1部と2部に分かれていますが、
3時間ほどで、長いです。(長いですが、展開が早いので飽きません。)

・・・☆

見ようと思ったのは、ロバート・パテインソンのデビュー作だということなので^^;
2004年の作品なので、彼は17才くらい?
どろどろの欲の渦巻く悲劇の話しの中で一服の清涼剤のような
心清い、誠実な王子の役です。
登場回数は多いのですが。。セリフは少ないですねえ。
いなくても話が進みそうな気も。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。